IT企業COLLECTION

IT企業に就職したい

IT企業に就職したいという意志を持つ人材は多くいます。 若者に限らず、シニア世代の人材まで、強い情熱と意欲を持った人材はとても有能です。しかし、近年、IT業界に限らず、さまざまな業界で、外国人の人材の能力の高さが目立ってきています。これは、日本人の人材にとっては危機的な状況でもあります。しかし、IT企業側にとっては、できるだけ有能な外国人を雇い、売上や利益のアップを狙いたいという考えがあるのです。これから、IT業界で日本人が活躍できるようになるには、高い能力を示し、結果を出すしかありません。海外での経験値を積んだり、日々の業務に取り組み、スキルアップを目指したりなどを行う必要があるのです。外国人には、日本人以上に大きなハングリー精神とバイタリティーがあります。そこが、日本人が負けている要素で、より大きな志や野心を持つ若者が出てくるのが望ましいと思われます。IT業界では特に、有能な外国人が増えているため、ますます日本人が窮地に陥っているのです。日本人特有の感性や繊細さなどの強みを活かせる業界なら、希望はありますが、ボーダーレスな業界の場合、とても厳しい状況になります。そのため、IT業界への就職を望む人材は、覚悟とハングリー精神お武器にするしかないと思います。

どうすればIT企業へ転職できるか?

就職活動真っ最中の人たちの中には、IT企業に入りたいと強く願っている人も多いことでしょう。今後とも成長が期待できる業界ですし、小さな会社でも可能性がとても大きいです。自分が中心となって会社を盛り上げていくことができるので、やりがいも素晴らしいです。売れ筋商品を開発しているなら、小さいといっても給料が比較的高いのもIT企業の特徴の一つです。 ですが、実はハードルはそれほど低くありません。小さい会社ほど即戦力を求めているので、すぐに現場で役に立てられるスキルがないと内定をもらうことはできません。ですから、勝負は大学在学中にすでに始まっていると考えておくのが賢い方法です。大学在学中に、プログラミングでもデザインでも何でもいいのですが、プロレベルに近いところまで技術を上げておく必要があります。 そうしておくと、いざエントリーや面接をするときにも他人をごぼう抜きすることができます。IT企業は大学名が大切なのではないのです。自分にどういったスキルがあるかが重要になるので、絶対に就職を決めたいと考えているなら、大学在学中に必死になっておくべきです。脇目もふらずに頑張った人から、希望の会社に就職していっているという現実があります。